着地点

Category : 辛口ごめんなさい

乗るか反るかギリギリの線は全人類の何%だろうか?」(← 興味のある方、あるいはまだの方はクリックして読んでみて下さいね)をこのひとつ前に書きました。

伸るか反るか…喩えて、天国と地獄を隔つ高〜い塀。「乗る」は天国、「反る」は地獄。臨死体験者の中には天国も地獄も存在しないと言う人がいるようですが、彼らが辿った領域が死後世界の全部なはずあるのでしょうか? 彼らそれぞれに自分に見合った周波数域から生還したに過ぎない。中に「地球に地獄はありますか?ないでしょ!」と観客の拍手を呼ぶ人もいて…でも、じゃぁ地獄とはどういう状態を指すのか?皆さん、想像してみて下さい。

草も木も生えない。

第一、安らぎがない。

神も仏もない。

などなど、枚挙に暇はないでしょうが、ありませんか?この地球に「草も木も生えない」「第一、安らぎがない」場所は。硫黄地帯でマスクなしに立ち入ると命の保証がない場所が存在します。硫黄臭がすると良からぬ魔物がいる気配がするという話も。いわゆる情け容赦のない状態に生命も精神をも晒すエリア。安らぎのないそういう状況を昔の人は地獄と表現…そこから伸ばした話を私はしています。感じ悪いですか?否定しません。ありませんか?この地上にも。

そして、それは人間の心にも存在する。私たちの中に安らぎがないく、神も仏もない奇妙な感覚がある。恨みつらみもそう。なぜ戦争がこの世に横行するのでしょう? 核兵器を人間は産んだのでしょう?

「乗るか反るかギリギリの線は全人類の何%だろうか?」

あなたは私が自分はそれに当たらないと思って書いたと思いますか? 答えはNO。宗教は罪深い故に人間が求める救いではないのでしょうか? あなたは自分は大丈夫と自負しているかも知れない。そう思うのは自由。

私はこの世界は心のレッスンの場と思っています。想念の巣窟ですし、悲喜こもごも善も悪も、正邪ない交ぜにこの世は成立しています。神も仏もないと嘆く状況は常。常に何処かで殺戮や飢餓がこの世で起きている現実をあなたはどう思うでしょう。

スピリチャルで「現実などない」と言う人がいます。映画『マトリックス』でも「There is no spoon」という悟りが台詞として取り上げられていました。現実って何なのでしょうね? 私は答えを見つけましたよ。

私らひとりひとりの想念こそがリアリティ

リアリティ=現実


それは物理学の最先端もたどり着いた『サムシンググレート』が宇宙に「在る」ことを物語っています。

「在る」

この世界が幻想だろうとスプーンは存在しなかろうと、じゃぁ何故? なぜ私たちは生まれて死ぬというプログラムの中で体験を重ねるのでしょう?

どうして、此処に来ようとしたのでしょう?

それはね、体験から生じる悲喜こもごもの感情…抗い難い痛みも失いたくない喜びも何もかもあなたは選び取り、経験値とするため

熱い!それひとつとっても熱いものに触れなきゃ分かりません。痛い!でさえ。じゃぁ…「ありがとう」と言われて、あなたはどう感じて来ましたか?

喜びだったんじゃ。



→続きを読む

乗るか反るかギリギリの線は人類全人口の何%だろうか?

Category : 辛口ごめんなさい

トランプの愛娘イバンカにあべは57億円寄付するそうで…何処にあるんでしょう、そんな大金? 消費税等々庶民から徴収する理由は財政難ですよね? 流石!大統領選最中はヒラリーと硬い握手を交わし、トランプが就任するや否や馳せ参じる方です。私は心底憤ってます。あの今治の獣医科も許可…選挙中は封印、結果を受けて臆面もない所業。わかりやすい展開です。あべ以下同文の方々は庶民(国民)の手が届かない高さをよ〜く心得てます。京の風の管理者は「選挙開票時は一般監視の中で」と言ってますが、それが何を意味するかはもう言わずもがなでしょう。

さて
今日のお題の『乗るか反るかギリギリの線は人類全人口の何%だろうか?』ですが、私の感覚では80%〜90%…多すぎると思いますか? 乗るか反るかって、何を?と訝る人もいるでしょう。その辺を解説しつつ話を進めようと思います。いつもどおり私個人の所感につき、スルーご自由に。


→続きを読む

自尊心がラスボスになる時

Category : 辛口ごめんなさい

いやぁ選挙結果は悲喜こもごも…で?国会はいつ開かれるのでしょう。首相の所信表明は? 北朝鮮の危機をさんざん煽っておいて、「丁寧な説明を」と喋っておいて実質なんの説明もしないまま選挙終了。聞きました?「今回の選挙は北朝鮮のおかげ」と麻生が…!
で、香取慎吾の絵画展に首相来場ですか? やれやれ…香取さんに物申す気はありませんが、北朝鮮の危機がホンモノなら、どこにそんな芸術鑑賞する余裕があるんでしょうか。芸能人と記念写真に収まる以前に丁寧な説明が先決じゃ。香取さんの絵ってパラリンピック云々と関わってるんですってね、知りませんでした。あべプランは既にその方向に舵を切ったってことでしょうか? 小池都知事も「国(政府)とオリンピックは」と協力関係にあると説明…このヒト、打倒あべ政権の急先鋒って立ち位置だったのでは?見せかけだけだったとしても。彼女は希望の党代表の座を降りる気ないようで一蓮托生の前原は辞任の意向と対照的。まぁ…彼女の政治家としての信用度は地に落ちたでしょうけど。

さて

今日は小池さんに観る自尊心のあり方…受ける印象から感じるところを書いてみようと思います。いつものように「こういう見方もあるのか」というふうに読んで頂ければと思います。もちろんスルーも可。


→続きを読む

小さな宇宙人アミが少年に見せた惑星の、平和実現の瞬間がこの地球に来る可能性

Category : 辛口ごめんなさい
 
長たらしいお題で失礼します。(笑)これはPDF用に書いていたものですが、こちらに加筆しながらアップします。

政局に動きが…!あべが年内選挙に言及したようで、まぁあのヒトの並べる文言を鵜呑みにするのは地元支援者と仲間たちだけでしょうが、韓国に比べて司法に差がついたいる昨今。えぇ大統領を逮捕という…自浄作用は韓国が一枚も二枚も上。まぁ裏事情は色々あるのでしょうが、マスコミトップに寿司食べさせコガイに…誘いに乗る方も乗る方とあべ支援団体以外はハラワタ煮えくり返っ…えぇ私もその一人な訳ですね。あのヒト、今度はインドで大歓迎されたんだとか。それも原子力関連なんですね…これを喜んでいるのは一部企業でしょうか?

さて

小耳に挟んだんですけど、「天皇は小沢一郎を首相に」を望んでいるとか? まぁ見て聞いてきたような話の類でしょうが、小沢さんにはキッシンジャーがバックにいるとも。真相に迫るものではありませんが、今生天皇は生前退位を宣言。皇太子を後継者とするとなると、退位後の環境を整えようとするのは親心なのかなぁという気はします。私がその立場なら現政権下で我が子を即位させるのを良しとはしない。ましてや、国民を嘘で固めてコケにすることばっかやっている政権にアンダーコントロールされるなど言語道断。政治的発言も活動も規制されているお立場ですが、水面下周囲は慌ただしいのじゃないだろうか?と想像したりしますが。あべは勝算を見込んで年内…野党がざわついている間に選挙に持ち込んで打っ棄る気満々なのでしょうか? 森友加計問題をドサクサうやむやなし崩す気満々?

皆さんはどう思うか分かりませんが、この世界で一番恐ろしいのはどういう人間と思いますか?

私は罪悪感のない人間と思っています。

さて

今日のお題の『小さな宇宙人アミ』は知る人ぞ知るエンリケ・バリオスさんの創作小説。いわゆるコンタクティものではなく、確か…3部出版されていると思います。今はさくらももこさんの絵挿入版が出回っているようですね。

皆さんはいつの日か、この地上にも「小さな宇宙人アミが少年に見せた惑星の、平和実現の瞬間がこの地球に来る可能性」があると思いますか?

残念ですが、私は来ないと思っています。その根拠を今日は書きます。いつものようにこういう考え方もあるということで、皆さんには皆さんの価値観がある…とご理解頂きますよう。



→続きを読む

神様が見ていらっしゃるというバーチャル思念

Category : 辛口ごめんなさい

PDFもう少しお待たせしてしまいます。申し訳ありません。その代わりではありませんが、今日はちょっと辛口飛ばしてみようと思います。
あ!それと、ミサンガですが、編んでいる時間がとれそうにありません。それも重ねてお待たせしてしまい、申し訳ありません。

今日のお題『神様が見ていらっしゃるというバーチャル思念』誰を指しているかはお察し頂くとして、(笑、笑えない)これはもう鰯の頭も信心の喩え、あるいは暖簾に手押しとも言って、ある種のカルト脳。本人がそう思い込んでいるのでどうしようもない。

不死の病

確かにそうなのだと思います。思念はそれこそ不死。肉体を離れようと…いや、肉体を離れれば、それこそまんま迷宮入り。そこから出て来ようとしないでしょう。


→続きを読む

プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ